「20年後、中国は最も貧しい国になる 」 ヒラリー・クリントンの予言 - 国際情勢研究会

「20年後、中国は最も貧しい国になる 」 ヒラリー・クリントンの予言

By 国際情勢研究会

  • Release Date: 2013-03-14
  • Genre: 政治/時事
  • Size: 310.73 KB
Score: 4
4
From 92 Ratings

Alternative Downloads

Description

「20年後、中国は最も貧しい国になる 」

アメリカのヒラリー・クリントン元国務長官が、
ハーバードでの講演にて話した内容は、現状、そして未来の世界情勢を予言していた!?

2013年2月1日をもって国務長官を退任したヒラリー・クリントン氏。
精力的な活動を続けていく中、同氏が「中国」に対しての見解を述べた講演があった。

本書はその講演の内容を、英原文→翻訳文という形式でまとめた一冊です。

「20年後、中国は最も貧しい国になる 」 ヒラリー・クリントンの予言
目次

◆はじめに

◆1.オバマ=ヒラリー外交
(1)中央アジア・南アジアにおける外交
(2)中東・アラブにおける外交
(3)中国における外交

◆2.中国に対するアメリカの視点
(1)海外への移送
(2)社会の構成員としての責任と義務の欠如
(3)思想信仰のない国
(4)権力と金銭の獲得がすべて
(5)最も貧しい国

◆3.今後に関して

Reviews

  • 簡潔明瞭

    4
    By Noctambule
    正直200円でも高いかなと思わせる程度の量ではありますが、濃い内容が非常に簡潔に纏まっており、ぜひ一読をしてみて欲しい本。ヒラリー氏というより、これはアメリカがパートナーに大して重視する基準なのだろうなと感じました。
  • ふーーーーんって感じ。

    2
    By LJ0118
    タイトルが大げさで、やや当たり前のことを記載されてる感じ。
  • 無料で配れよ

    1
    By 式神
    ページ数10、内容も分かりきったこと。 この程度の本(本と言えるのか?)、無料で配れよ。
  • ほほう

    5
    By ai*2
    さっと読むことが出来て、要点をつかみやすい内容だと思います。詳細を知りたい方には不向きかもしれませんが、世界の動きがつかめるいい本だと思います。
  • 確かに

    1
    By 成慎
    当たり前のことを言ってはいるが、それを多忙な中学生に語るという行動に繋がる意識がスゴイ。
  • 矛盾だらけの中共

    4
    By amata_daichi
    中国はそろそろ限界だろうな。
  • 予言というよりも・・・

    4
    By Kヒデピョン
    もしヒラリー・クリントン大統領が誕生することになったら予言というよりも予告になるのではないかと思いました。
  • ダメ

    1
    By だねー
    買ってはいけない。詐欺にも近い内容のなさ!35ページです。最悪。
  • 電子書籍ならではの本

    5
    By Yrt54hgae29
    少ないページ数の割には要点が上手くまとまっていてわかりやすい。 このボリュームだと紙の本では書店には置かれにくいだろうけど、電子本なら気兼ねなく販売できて、読者は知りたい要点だけ知る事ができる。そういう意味では、電子書籍ならではの本と言えるんじゃないだろうか。

keyboard_arrow_up